『CUTIE HONEY -TEARS-』映画のなかで一番ギャンブル好きそうな女優は?

CUTIE HONEY TERAS」は、2016年に公開されたキューティーハニーの実写映画。

「キューティーハニーを名乗る必要がない」などの酷評を受けた本作ですが、醸し出される世界観などは多少評価されていますし、主演の西内まりやさんの美しさはなかなか好評でした。

「ハマる人はハマるB級映画」かもしれませんので、興味のある方は観てみては?

さて、映画「CUTIE HONEY TERAS」に登場しているメインキャラクターを演じている女優さんは、西内まりやさん、石田ニコルさん、今井れんさんなどです。

その中で最もギャンブル好きそうな方は誰なのでしょうか。

私はズバリ、作中でキューティーハニーと敵対するアンドロイドの「ジル」を演じた石田ニコルさんだと思います。

石田ニコルさんの趣味は洋楽を聴くこと。

バンドの一員でドラムを担当していた父親の影響で、小さい頃から両親とのドライブ中の車内やライブ会場でヘビーメタルを聴くなどして、ロック漬けの日々を送っていたそう。

実際、彼女自身「大音量で激しい音楽を楽しむとストレスが吹き飛びます」と語っています。

そんな彼女は、オンラインギャンブルの音や光の演出をきっと好むと思います。

それに、ネットカジノのゲーム中の音楽って結構いいものが多いですしね(ロック調の音楽はあまり流れないですけど)。

そんなパワフルな印象の石田ニコルさんですが、実はインテリな一面も。

高校を出た後は、上京して医療系大学で「診療放射線技師」になるべく学問に励んでいたそうです。

ですから、運の要素が大きいオンラインスロットなどのゲームよりも、実力がモノをいうオンラインブラックジャックなどが向いていると思います。

オンラインブラックジャックは、実は「状況ごとの最適手」が全て決まっているゲームです。

それを全部覚えるのは大変ですが、石田ニコルさんならばできるのではないでしょうか。

その他、オンラインバカラ、オンラインポーカーなども比較的「実力が占める部分が大きい」ゲームですが、やっぱりブラックジャックが一番合っていると感じますね。

さて、

「そんな事言っても、日本でカジノをするのは違法でしょ?」と感じるかもしれません。

ですが、実はオンラインカジノであれば、日本でプレイしていても違法性はないんです。

ですから、石田ニコルさんが忙しいモデル・女優業の傍ら、パソコンやスマホを使ってパパっとオンラインギャンブルを楽しむことができるんですよね。

もちろん、私達もオンラインカジノで遊べますので、興味のある方はプレイしてみてはいかがでしょうか。